ふもふも日記帳。

平成19・21年生まれ2歳差姉弟の子育てブログです(*^_^*)

プロフィール

ちよひな

Author:ちよひな

 

P-Clip


P-Clip β版
 

カウントダウン



*script by KT*

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006. 04. 18

新!検診2回目/10週2日

母子手帳も交付されてから初めての検診です。

前回、ゆっくり病院にいったら、結構1階の受付前はすごい人だかり
だったので、早く行かなきゃとおもい、結局、会社に行くのと同じ時間に行きました。

すると、受付のところで以前うちの学校にきていた生徒さんとバッタリ遭遇。
結婚することは、うちの事務所のこから聞いていたみたいで知っていたけど赤ちゃんができたことを話したらびっくりしてた。
多分、あちこちにこの話題がまわってるはずw

早く行った甲斐があって、産婦人科受付は2番目。
今日は、妊婦検診ということで、いろいろな検査をしました。
まずは、尿検査・体重・血液検査・血圧などなど。
そして、赤ちゃんの心音を聞きました~

最初、若い看護師さんが心音をとろうといろいろやってくださったけど
全然、心音がとれなくて、ベテランの看護師さんにバトンタッチしても
だめ。
もしかして、赤ちゃんになにかあったのではってとっても心配になりましたが見かねた先生が替わって看護師さんたちにレクチャーしてました。難易度はCレベルだそうです。
コツはつりをする感覚らしい。赤ちゃんを引き寄せるイメージだって。
難しそうだ。

多分、私がふとっているので、おなかの肉が影響しているのではと思い
「私がふとっているから、お手間取らせてしまってますね」っていったら「あなたは、太ってないですよ。大丈夫ですよ。太ってないですよ。
ちょっとだけ太ってますね。あなたは、小太りです」だって~
笑っちゃいましたw

心音も確認できてよかったけど、左の卵巣が腫れているらしい。
それも、妊娠によるものではないかもということ。
大きくなったら。とっても痛いとのこと。
それがめっちゃ心配。
腰痛は卵巣の腫れが原因?と思って聞いてみたら、関係ないとのことw
とりあえず、それ以外は絶好調です。

赤ちゃんも、頭・手・足が分かれてきて、どんどん人の形になってきました。
このまま順調に育ってほしい!!
スポンサーサイト

2006. 04. 10

母子手帳の交付

市役所に行って母子手帳をもらってきました~。

最初、担当のお姉さんがおもいきり事務的で怖いなとおもったけど
担当が途中で変わり、次の方はとっても親切で、いろいろアドバイスしてくれました。
仕事中にもらいにいったので、制服をきた状態でいったので、仕事の話とかできるだけ、続けられるなら仕事は続けたほうがいいよとか、体調のこととか。
すごく、安心して帰ってきました。

最初の担当さんだったら、母子手帳を受け取って終わりではなかっただろうか?
ま、そんなことはないとおもうけど、役所的だな~と思ってしまった。
そこで、高校の同窓を発見!一方的にだけど。
去年、久しぶりにばったり会って、離婚したこと、彼氏ができたことを
話したばっかりだったので、子供もできたよっていうのは少し
こっぱずかしいので、気づかれないでよかったw

母子手帳の中身や、それ以外にもいろいろな資料をもらってきた。
ま、おいおい読んで行こうかなと思っています。

2006. 04. 09

私の実家へ

今日は、私の実家へ、Yのお母さんが初訪問&初対面。

午前中は、ビッグ2へ、ちよのケージを探しにいってきたけど、
久しぶりに気持ち悪くなって、つらかった。

午後からは、Yのお母さんと一緒に、私の実家へ。

実家では、料理を作ってまっててくれた。
爺ちゃんが話し始めるととっても長いので、大丈夫かな?と心配していたけど
帰りの車中、楽しかったといってくれたのでよかった。
爺ちゃんが、途中、島口になったので、びっくりしたけど
爺ちゃんが一番楽しそうだった。

爺ちゃんの印象では、「うちのおっかん(奥さん)に似てる」
といってたらしい。
お母さんも、雰囲気が優しげで、似てるかもだって。
不思議だ~。

3時間くらいいたけど、終始楽しげな雰囲気でよかった。

Yはとっても疲れたらしく、かえってきてからつらそうだった。

背中が痛くて目が覚めたらしい。
早くよくなればいいんだけど、仕事が忙しいのでなかなか
病院にいけない。

2006. 04. 08

入学&誕生日のお祝い

今日は、Yの妹の子供のお祝いに御呼ばれしていってきました。

まず、妹さんに会うのは初めてということと、多分、妹さん以外の親戚や兄弟と
会うかもということで、めちゃめちゃ緊張しました。

私は、仕事が休みだったので、夕方、Yが仕事から帰ってきてから
まずは、誕生日のプレゼントを買いに、『サンサンランド』へ。
そこで、ムシキングのお絵かきセットをゲット!!

その後、Yのお母さんを迎えに行ったけど、お母さんは家にいない・・・
妹さんの家にはいったことないらしく、お母さんを探さないと目的地にいけない
困ったといいつつ、お母さんの家にもどると、途中でお母さんを発見!
無事、目的地に行くことができました。

そこでは、妹さん、妹さんの旦那さん、主役の子、お姉ちゃん、お姉ちゃんの旦那さん
に会うことができました。お姉ちゃんは、とっても豪快(印象)な方で、マイ赤ワインを
おいしそうに飲んでました。
お姉ちゃんのだんなさんは、ずっと笑顔。すごく優しそうな印象でした。
妹さんは、とってもしっかりした感じの人。
以前、写真を見せてもらったときに、誰かに似てるな~と思ったら、
私のお母さんの若いころに似てる。すごい不思議。
本人は、あまり似てなかったけどw
主人公の子は、とっても人懐こい感じでかわいかった。
お絵かきセットもとっても喜んでくれた。

そして、もしかしたら来るかな?っておもっていた仕事関係の方が
いらしてました。私がここにいることにびっくりされるかと思ったら
そういうこともなく、普通だったw

最初は、かなり緊張したけど、優しそうな方々ですごく安心しました。

明日は、私の実家に、Yのお母さんが初訪問なので、こちらも
ドキドキです。

2006. 04. 04

新!検診1回目/8週2日

家の近くにある、クリニックに通っていたんですが、
産むときは、違う病院に移らなきゃ行けないんだよな~
って思ったときに、どうせなら、最初から診ていただいたほうが
いいのでは?と思い、最近、同じように妊娠発覚した友達に聞いてみました。

以前から、産科がある病院は2つ。
一つは、県立病院。もう一つは、徳州会の病院。
ですが、徳州会の病院の産科はなくなったと聞いていたので
自動的に、県立病院だなって思っていましたが、
友達に聞いたところ、また先生が来られて、今月からまた復活した
みたい。

県立病院は、今すごいことになっていて、慌しいんだそうだ。
それに比べて、徳州会の病院は、まだ復活したことを知らない人も
多く、すいてるよ~とのこと(そのこは、徳州会に通っている)
なので、考えて、考えて、改めて、徳州会の病院で診てもらうことにした。

病院にはいってみると、すごい数の患者さん。
これは、待つだけで時間かかりそうだとおもったけど、
案内で、産婦人科は、2階とのこと。
階段であがっていくと、1階とはうってかわって、人がいない・・・
待合室にも誰もいない・・・

とりあえず、産婦人科のところに行き、名前を記入して、待合室にいると看護婦さんから、中に入ってまっててください。とのこと。
中で待つ場所があるんですね~。初めてなのでかってがわからないw

中には、女性が3名とちいさな子供が2人。
そのうち、臨月の妊婦さんと、2人目不妊で、治療に通われてる方と
話がはずみ、いろいろためになる話を聞くことができた。

徳州会の病院では、診察のときに、個人用のビデオテープに赤ちゃんの
状況を録画してくれるサービスをしてるらしい。
前のクリニックでは、エコーの写真ももらえなかったのに
すごい差だ(#^.^#)

担当の先生に、クリニックに通ってました。という話をしたら、
「そこでよかったのに、僕は一人なので、大変なんだよ」みたいな
話をされました。最初は、何?っておもったけど、
病院にきていきなり、患者があちこちの病院から転院してきて
びっくりしてるのかもw

赤ちゃんは、元気だそうだ。よかった~
気になったのは、左の卵巣がなんとか~って言っていたこと。
結局なにも説明は受けなかったけど、昨日、ちょうど左腹部がとても
痛かったので、なにかあるのかなと心配になりました。

看護婦さんから、いろいろ説明を受け、今度の月曜日には
母子手帳を交付してもらうことになりました。
ちょっと、どきどき☆彡
つわりがないので、病院にいくときぐらいしか、実感できないけど
母子手帳をもらったら、また実感できるかな?

家に帰ってきて、Yに、エコーの写真と、説明がき、ビデオのことを話した後ビデオ、何か写ってるか見てみようかということで、再生したら
今日のエコーの状態がうつっていました。

もらった写真だと、動かないですが、ビデオで見ると、心臓がピクピクしてる。
病院変えてよかった~(#^.^#)

先生から、何度も「太らないように」と釘をさされたので
気をつけなきゃです。

 | ホーム | 

最近の記事+コメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

 

リンク

 

FC2カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。