ふもふも日記帳。

平成19・21年生まれ2歳差姉弟の子育てブログです(*^_^*)

プロフィール

ちよひな

Author:ちよひな

 

P-Clip


P-Clip β版
 

カウントダウン



*script by KT*

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008. 11. 27

祖父が亡くなりました

私の祖父が亡くなりました。享年93歳。

ちょうどこの日は私の仕事が休みで、母と祖父の付き添いを交代するために、優季乃を保育所に預けた足で病院に向かいました。


病院に到着したのが10時過ぎ。
母から祖父は前日の夜から呼吸の仕方が変わってきたことを聞きました。
声をかけてもあまり反応もありません。(後から気づきましたが、祖父は耳が遠いので補聴器をつけていますが、補聴器の電源がOFFになっていたのも原因だったかも。)
尿の出も悪く、白目がむくんでいました。
悪いことばかりではなく、血中酸素濃度の数値は昨日よりも良かったとのこと(担当看護師さん)

私が来たので母は一旦家へ帰る予定でしたが、ためしに祖父の体温を測ったら39度4分。
(頭を触ったら全然熱くなくて。測ってみないとわからないですね)
今まで37~38度台だった体温が一気に高くなったので、心配になり帰るのをやめて引き続き病院に残ることになりました。

この病院で看護師として勤務している妹が遅番で病院にいなかったため、妹に母が今の状況を連絡しました。
他にも母の兄弟にも容態が変わってきたことを連絡しました。

12時過ぎ、私と母はお昼を食べようと病院の中にある売店へ飲み物を買いに行き、また病棟へ戻って休憩室で持ってきていたパンを食べました。
13時過ぎ、従姉妹2人がきたので、私たちも病室へ戻ることに。

病室へ戻ると、祖父が病室を移動する途中でした。
ICUの部屋から個室へ。

13時半過ぎ、遅番で勤務だったはずの妹がきました。忌引きで休みをとったスタッフの分の調整で勤務時間が早まったとのこと。
そして、その日は担当をもたないフリーだったけど、担当を受け持つことに。
私の祖父も妹が担当することになりました。
妹が担当ということで私たちも一安心。

熱は40度を超えるほどになりました。血圧も80をきるくらいに下がってきました。
妹からみんなに連絡をしたほうがいいということで、連絡をしました。

病院には次々と集まってきました。
保育所の優季乃は旦那さんが迎えに行き、旦那さんの実家で預かってもらうことに。

その日出張だった担当の先生も急遽駆けつけてくれました。
担当医師の判断は、今から新しく治療を試みるけど、もって夜~次の日の朝くらいまでだろうということ。会わせたい人には連絡しておいたほうがいいとのこと。

15時ごろから新しい治療が始まりました。
この治療で熱が下がって楽になるとのこと。
私は今のうちに職場に連絡をとって今の状況を伝えようと休憩所へ会社に電話をしにいきました。
その電話の途中でおばから呼ばれたのであわてて病室へいくと、心停止・呼吸停止の状態に。
いきなりの急変に私たちも病院スタッフもびっくりしました。

当初、延命治療はしないということだったけど、担当医師はある程度集まるまで必死に延命治療をしてくれました。
みんなが集まったところで呼吸器を外しました。
15時13分息をひきとりました。

祖父は穏やかな表情で眠ってるようでした。
子どもと孫に囲まれての最期でした。とても幸せだったと思います。

妹から体をきれいに拭いてあげるのを孫でやってあげようとの提案で、孫4人できれいにしてあげることができました。妹が担当看護師でなかったらできなかったこと。
祖父はわかってたのかなぁ。

祖父の入るお棺には、お気に入りの着物といつもかぶっていた帽子、そして入院中に耳の遠い祖父とのやりとりで使っていたノートにそれぞれ祖父へのメッセージを書いたものを入れました。

仮通夜~本通夜~告別式~納骨式~3日7日の法事と慌しく悲しむ暇もなかったけど、昨日今日とやっと落ち着き、家に戻り、香典返しに添えられた母からのメッセージを読んで、また悲しみがこみ上げてきました。祖父は本当に他界したんだと。

『今までお疲れさまでした。天国でまた皆と仲良く・・・』
自尊心が高く、何でも自分でやらなければ気がすまなかった父、身の回りのことは何でも自分で片付けておりましたが、そんな父も2週間前に入院した後は、看護師として働く孫に療養を助けてもらうことがずいぶん嬉しく、支えであったようです。
早くに最愛の伴侶に先立たれ、また耳が聞こえにくいこともあって、人との関わりをあまり持たずに過ごした父の晩年は、寂しいことも多かったのでしょう。
それでも、人に頼ることが嫌いで、私たち子どもにさえ寂しいとは言えない不器用な人でした。
「いくつになっても子供は子供」と、大人になった私達を変わらず子ども扱いしていたのは、不器用な父なりの愛情表現だったのかもしれません。
厳しく叱られたことも幾度かありましたが、それも今となっては懐かしい思い出です。

昨日、祖父の遺影に年末ジャンボ宝くじを供えてきました。
倒れてからも病床で楽しみにしていた宝くじの発売日。
発売日に祖父は間に合わなかったけど、よろこんでくれてるのではないかと思います。

DSCF0556.jpg
スポンサーサイト

2008. 11. 21

私にたりないもの

私にたりないものは↓だそうです。

パーマ液 (36人)

ズボンの長さ (9人)

魚 (9人)

神経 (8人)

肉 (7人)

芸術性 (7人)

仙力 (7人)

修理 (7人)

女らしさ (6人)

夢 (4人)


ズボンの長さ、女らしさ、、、納得かも(^_^;)
パーマ液って。。。

2008. 11. 21

祖父

毎年、寒くなるこの季節には決まって喘息で入院します。
92歳と高齢ですが、しっかりしている祖父で、少しでも体調が悪くなると病院にかかり、
自分の意思で入院したりします。

そんな祖父ですが、今年も喘息で入院することになり、今月はじめから入院しています。

喘息なので呼吸が辛そうなこと意外は比較的元気で、すぐ退院するだろうなと思っていました。

が、先日急変し、ベッドに寝たきりの状態になってしまいました。

そして今も、予断の許さない状態が続いています。


私の知る祖父は頑固者で、厳しくて、パチンコが大好きで、宝くじに夢を抱いていて、最近はしなくなったけどパソコンでゲームをしたり、何年か前までは敬老の日に年寄り扱いするなと怒っていたりと、パワフルな人です。
12年前2年くらい二人で暮らしたこともあります。(同居して2日後に大喧嘩になりましたw)
今は優季乃にメロメロですが、優季乃が祖父を怖がり、病院に連れて行ってもギャン泣き(^_^;)
病床で祖父も苦笑いしてました(^_^;)

おととい、担当医師からこの2~3日が山だといわれました。
感染症の影響で熱が出て、熱が2~3日長引けば難しいと。
昨日の時点では最高38度台の熱があり、ずっと寝たきりの状態になっているせいか、体のあちこちに痛みがあるようでずっとしかめつら状態で辛そうです。

もう高齢なので、辛い状態のまま長生きしてもかわいそうなので、難しいのであれば早めに息を引き取ってほしい。という思いと、祖父が死ぬのは嫌!という思いがあります。

今でも、生命力の強さでまた今までみたいに元気になってほしいと思っています。

2008. 11. 10

ご無沙汰です(^_^;)

ご無沙汰してます(^_^;)

優季乃も1歳6ヶ月になりました。あと半年もすれば2歳。。。早いなぁ(*^_^*)

10月には、『1.6歳児検診』『祖父母交流会(保育所)』がありました。

●1.6歳児検診
健康診断・歯科検診・発達に関する検査・尿検査・フッ素塗布がありました。

・歯科検診:噛み合わせのところが異常にチェック(^_^;)
歯並びが微妙で上の歯より下の歯がかぶさってるところがあるのでそのためかも。
ただ、母子手帳には何のチェックもされてませんでした(^_^;)
ま、すべての歯が生えそろうまでは様子見です。

・発達に関する検査:やる気なし。2回呼ばれました(^_^;) できる子供はいるのか?
どんなことをするかというと、積み木を積み重ねる・イラストを見て答えるなど。

積み木:渡された積み木が振ると音がカラカラなるものだったから、そっちに気が行ってしまって、振って遊んでました。ただ、待ってる間に違うおもちゃは積み重ねて遊んでいたからできないわけじゃないのかな?

イラスト:アンパンマンのイラストを保健師さんが指差してこれなあに?って聞く検査です。
優季乃は全く無視(^_^;) 検診の後の帰りの車では「あーんまーんまーん♪」としつこいくらいしゃべってました(^_^;)

・尿検査:家でもトライした尿をためるパック。しかし、もれて失敗(^_^;) 検診の会場でもトライしたけど、おしっこが出ずに失敗。結局、「もういいです」という結果に(^_^;)

へんな時間に起きたので眠くてずっとご機嫌ななめだったのもあって、散々な感じでした(^_^;)

●祖父母交流会
保育所でじいじ・ばあばへお遊戯を見せたりする『祖父母交流会』がありました。
優季乃は一番小さい、0歳~1歳のクラスなのでたいしたことはしないだろうなと思ってはいたけど、せっかくなので、ばあば2人と一緒にいきました(私は呼ばれてないけど)

0歳~1歳とはいえ、あなどれませんでした!
自己紹介・お遊戯(むすんでひらいて・かえるのうた他3曲のメドレー)と結構がんばってました!
舞台上でがんばる優季乃をみて泣きそうになりましたよ~(^-^)
ビデオを持ってきてなかったのでめっちゃ後悔(T_T)
ただ、デジカメの動画でとりました!

10月は行事以外でもなかなか大変でした。
ほとんど毎週病院通い(T_T)

ただ、11月に入ってからは(1度眼科は受診した)咳したり鼻水が出たりしてるけど、熱も出ず自力でよくなってきてるみたいで、大分抵抗力がついてきてるのかなと思っています。
まだわからないけど(^_^;)

●龍郷でモチモレ踊りを見に行ったとき、おねえちゃんの家でピアニストが2人誕生!(11/1)
yukino71.jpg


●大草原の小さな家な感じ?in大浜(11/8)
yukino70.jpg

 | ホーム | 

最近の記事+コメント

 

カテゴリー

 

月別アーカイブ

 

リンク

 

FC2カウンター

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。